早稲田アカデミー

再:早稲アカの特待とメダル

スポンサーリンク

3月に受験した春のチャレンジテスト。 受験からしばらく経って結果は前日書いた通りなのですが、順位から貰えるであろうA特待とメダルが貰えていません。 特待はまぁいい(いや貰えるだけありがたい)のですが、長女が楽しみにしていたメダルが貰えていません。ちなみに賞状は頂けました。 チャレンジテストでは貰い続けているメダルが無い。前回より順位がいいのに今回はありません。早稲アカは基準が不明確ですよね。子供はそれがモチベーションになるのに。

特待とメダルの基準

という事で過去のチャレンジテストのメダルと特待の有無を調べて見ました。

長女の成績推移

■2年生キッズチャレンジテスト・・・31位~50位(メダル:無) 特待認定無

■2年生サマーチャレンジテスト・・・11位~30位(メダル:銀) A特待

■2年生冬のチャレンジテスト・・・31位~50位(メダル:銅) B特待

■3年生春のチャレンジテスト・・・11位~30位(メダル:無)B特待  

何やら色々と調べてみると春のチャレンジテストに関しては特待認定が一番厳しく、A特待については10位以内が条件だそうですね。これは冬のチャレンジテストの特待期間と春のチャレンジテストの特待期間が被っている事が原因かも知れません。いずれにせよ3年生の前期までは狭き門となりますね。

3年生 後期以降の特待条件は

次回の特待認定テストはサマーチャレンジテストになります。サマーチャレンジテストから3年生の特待条件の枠が一気に拡大します。何と100位までがA特待、101位~300位までがB特待となります。A特待は授業料が免除、またB特待は授業料が半額となります。ただし、早稲田アカデミーの場合は特待と言っても支払う金額が完全に0円になる訳でもなく、色々な費用が掛かります。詳細な費用についてはまた後日書いていきたいと思います。ちなみに2年生のA特待条件は20位以内となります。

チャレンジテスト対策

一番は早稲田アカデミーや四谷大塚に通塾する事だと思いますが、以前のブログで紹介したはなまるリトルをしっかりやっていれば対策になると思います。また、応用問題はハイレベ100算数ですかね。算数と国語共に9割以上取って合計180点が特待の指標になると思います。サマーチャレンジテストから一気に受験生が増えますので、1点が大きく順位を動かします。従って、基礎問題を確実に正解する事が求められます。夏休み終盤のテストとなりますので、夏期期間にしっかり対策をおこなえば特待を取れると思います!

最後に

こちらで書いた特待条件及びメダル基準は昨年のものとなりますので、正確な情報を知りたいかたは早稲田アカデミーに問い合わせをお願い致します。

スポンサーリンク

-早稲田アカデミー

© 2020 戦略的3姉弟の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5