早稲田アカデミー

早稲アカ 4月マンスリーテスト 結果 3年生

スポンサーリンク

本日は、先日受験した早稲田アカデミーの4月のマンスリーテストの結果がWEBで開示されました。ブログでも書いたように、今回のマンスリーに対してはバトン検定を優先し、塾も1回お休みしました。従って、結果は出ないだろうと思っていましたが、試験を終えた長女は出来たと言っていました。また、事前受験だった為、自己採点は出来ずに本日を迎えました。

では結果を見てみましょう。

4月マンスリー(算数)

送付された試験問題を見て思ったのが、一気に前回の問題から難易度がアップしたように思いました。実際に平均点は50点台前半でした。この内容を30分の試験時間ですべて解くのは難しいかなと思いましたが、長女はすべて解いたとの事。実際、WEB開示された解答用紙はすべて埋まっていました。その中で問5の条件整理・図形で数問落としていました。よくよく考えれば解ける問題だと思いますが、テストという緊張感やテスト時間の中で正解を導くのは難しい事だと思います。それ以外の問題で数問落としていましたが、全体的には良く出来ていたと思います。授業でならった事が宿題で繰り返す事によって身についていたのだと思います。

4月マンスリー(国語)

こちらも前回より大幅に難易度が増しています。平均点は60点台前半でした。漢字の問題が多かったり、語彙力や主語と述語が問われる問題がありました。ただし、算数に比べて難問がなかったので、正解率50%を超える問題を確実に取っていく事が点数に繋がると言う事だと思います。100点満点も1名いらっしゃいました。長女はというと、難易度が低い問題で数問落として、また記述問題でも数点減点をされていました。ただ、こちらも算数と同様に習っている事が身についている印象を受けました。4月は本当に時間がなかったですが、授業をしっかり受けて宿題をやれば点数に繋がるという事が確認出来ました。また、最近は漢字の問題を落とさなくなったので成長を感じています。漢字も復習が大事ですね。

4月マンスリー(総合)

総合では今回は【S】が三つ並びました。偏差値いくつ以上が【S】なんだろう。不明です!長女の出来たという話は合っていたようです。バトン検定に引き続きごめんなさい!詳細な結果は控えますが、メダルを貰える順位だと思います。(もしかすると前回同様メダルが無いなんて事もあるかもしれません)

我が家は公文や算数塾で先取りをしていませんが、珠算によって計算の速度はあります。しかしながら、解き方を知らない問題がこれからも出て来るので塾の授業が肝となります。今後も、授業をしっかり受けて復習する事を心掛けたいと思います。今日は、私は用事があり外出していて、長女は一日家でゆっくりしていましたが、妻に聞くと自主的に勉強をしていたとの事。本当に頼もしい限りです。まだ、起きていますが・・笑

スポンサーリンク

-早稲田アカデミー

© 2020 戦略的3姉弟の中学受験ブログ Powered by AFFINGER5