【SAPIX】休講対応にツイートした訳!

スポンサーリンク

こんばんは!

ちゃんあんです。

コロナ騒動の環境下において最後まで出勤を続けたちゃんあんですが、本日から在宅勤務となりました。当然、我が家では家族が自分を含めて5人いますし、小さい妹や弟もいるので仕事の生産性は低いかなと思いながら始めましたが、一応やりたい事は出来ました。いつもこのうるさい中で長女が勉強しているのが改めて凄いなと理解できました。

緊急事態宣言SAPIXの対応

ちょうど昨日、帰宅時にSAPIXから今回の緊急事態宣言を経ての対応がアナウンスされました。

そして思わず条件反射的にツイート

大変多くの方、100人を超える方々に【いいね】を頂きました。いつも、いいねを頂いた方にはお返しで【いいね】をつけさせて頂いているのですが、今回人数が多かったので出来ませんでした。この場でお礼を申し上げます。

さて、そのツイートをした訳ですが、元々ちゃんあんはいかなる方針が出てもSAPIXの対応に従うつもりでした。

それはまさにツイート通りなのですが、今回も対応そのものには理解をしています。また、返金が無い事も痛いですが受け入れます。元々、支払いを済ませているので、返金はしなくても良いです。

しかしながら、一連のSAPIXから発せられるメッセージを見ていると今回の発信内容にはギャップを感じらざるを得ませんでした。

これまでの「対面授業を重視」する文言の数々で授業や補講、そして春期講習を継続してきたSAPIXの姿勢。

授業の強硬には賛否両論があったと思いますが、小学校の授業が無い中で中学受験に向けて歩みを進める生徒やその保護者はその「対面授業の重視」の姿勢に賛同し、実際は直近の授業の出席率も多かったです。

そして、授業が出来ない中でも補講や動画の配信、そしてテキストの配布は納得出来る対応でした。春期講習に至っては休講になった分を返金するとの対応も表面していました。

あぁ、ちゃんと子供や保護者の事を考えてくれているんだなと感じていた方も多いと思います。

ところが・・・

昨日は発表の内容には

  • 4月中の授業は実施しません
  • 教材は順次郵送します
  • ポイント動画、学習アドバイスは配信
  • 質問対応はそちらから電話してね、ただし待つ場合があるよ
  • テストは校舎では実施しません
  • 授業料返金しません、そのように書いてあるしね

あれ、「対面授業重視」の姿勢は?それに対するケアは「電話してきてね」なの?生徒や保護者に対する説明は”紙一枚”でそっけないものでした。

まるで政府の緊急事態宣言を待ってましたとばかりに・・・

ここまで来るまでのサピックスの対応は何とか「対面授業」を実施し、生徒や保護者に寄り添いたいと考えてくれているのだなと勝手ながら感じていました。

当然、ビジネスですので授業をしない場合のリスクも分かります。

ただ、今回のSAPIXからの発表を見るに結局は、リスクを冒しながら生徒を集めて授業を開催した事に関しても、今回の発表に関しても企業としての収益を得るため”だけ”だったように思えてなりません。

紙一枚”で済ませたいのであれば授業料の事は後回しでも、何とか少しでも重視している「対面授業」に近づけるための方法を模索している等の記述があってもよかったのにと思いました。

また、生徒から電話しなくてもSAPIX側から様子を確認する電話くらい出来るのでは???生徒の事を思う記載があってもよかったんでは???

心配している生徒や保護者はいっぱいいます!

とは言え、決まった事ですので今後のSAPIXの対応を期待しつつ送付されるテキストを待ってみます。

まとめ

本日は昨日の緊急事態宣言から端を発したSAPIXの対応、そして保護者としてのちゃんあんの思いを記事にしました。

そういえば、緊急事態宣言が発令され効力が発生する前(4月7日)に休講になった分の授業料はどうなるの?(笑)

以上、ちゃんあんでした。

スポンサーリンク

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA